鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

うつ病=悪 じゃないんじゃね?

 

biwanohaonkyu.hatenablog.com

 

いかん、いかん

昨日、同じ記事を二つアップしてしまった!!

 

はは^^;  削除、削除・・・・・・

年を取るとこういうことが良くある。

だが、こうして何かしらの文章をPCで書くのは

自分にとっては良い刺激に成っている。

所で、その前の記事で、催眠と書いたが

 

biwanohaonkyu.hatenablog.com

 

人はこの世では何らかしらの催眠に掛かって生きざる得ない。

よく「私は修業をして無に成る」と言ったりするが

所詮、少々の心の整理は出来るだろうが

決して『無に成る』ことはない。

そう思わないか?

もし心が無だったら、生きる上で何を指針とすればいいのだ?

人間の三大欲は、食欲、睡眠欲、性欲と言っているが

この欲でさえ、一つでも欠けていれば直ちに人類は滅ぶ。

だから決して人は無にはなれない。

しかし、欲が暴走して心がいつもイライラ、ギスギスしているのなら

別の催眠を選ベば、それを穏やかに変えることも出来る。

因みに、ここでは催眠という単語を敢て使っているが

正確には暗示だ。

人は、この暗示によって動き、人生を生きている。

尚、善悪は無い。

最近多くの人が罹るうつ病という病も

うつ病=悪

と考えがちだが

あれは学校や会社が余りに不自然なので、それに適応できない状態であるともいえる。

野生の動物ならどうするだろう。

不自然な所に適応しようとするよりは

そこから逃げてしまう方を選ぶかもしれない。

 

私は、うつ病に成ったなら、一旦休憩すれば良いと考える。

別に、何も恥ずかしくない。

皆が苦痛に耐えて頑張っているからといって

彼らの方が正しいという訳ではない。

 

そして、ゆっくりでいいから、しなやかな体を取り戻すことだ。

先祖代々受け継いだ知恵が、体の中には埋蔵されている。

それを頭で(自分には合わない催眠で)抑えつけていたことに

気付けばしめたもの。

やがていつの間にか病は消えているだろう。

まあ、それは先祖を信じるということかもしれないのぉ。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ↑ランキング参加してます。 どうぞぽちっとお願いします<(_ _)>