鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

イエス・キリストの癒しとは

ここの所、貧困やらお金の話ばかり書いて来たので

今日は、本業の命の話をしよう。

 

biwanohaonkyu.hatenablog.com

 ああ・・・その前に

なぜ、時々貧困やお金の話をするのかというと

命の話と、それらが意外と近くにあるからだ。

 その事には、少し以前にも触れた。

 

biwanohaonkyu.hatenablog.com

 

 勿論、亀仙人自身、この事に気が付いたのは

多くのクライアントと接して来て、中年に差し掛かる頃のこと。

 

だが若い時は、どっぷりと悪い夢を見ていた。

中学生の時に、虫垂炎で手術もしたし

そもそも、それ以前は喘息持ちで、病院にしょっちゅうお世話に成った。

高校生の頃は、アレルギー性鼻炎(今なら花粉症か)で

耳鼻科には毎日のように通っていたせいで

勉強に集中することも出来なかった←ほんとだよ^^

 

しかし、幸いなことに私は、その真のカラクリに気が付き

中年以降は殆ど全くと言っていいくらい病気をしない。

「体質が変わったからだろう」

そう思う人も居るかもしれないが

私の親は、病気のデパートだから、単に体質の問題と言うには無理がある。

まあ、ちょっと理屈では説明しきれない。

只、私は、これから先も病むことは有っても

決して病気にはならないだろう。

それは、家族も同様。

よって、その種の支出の心配もない。

 

話は変わるが

聖書を読んだことがあるだろうか?

亀仙人は、宗教には余り興味が無いが

エス・キリストが病人を癒す話に惹かれて何度も読んでみた。

例えば、イエスが盲人に唾で泥を捏ねて、それを目に塗る。

そして川の水でそれを落とすと、盲人の目に光が差す!

感動的な場面だ。

 

しかし、実はこの後が重要だ。

エスはその者に言う「この事を誰にもいうな」

なぜ、イエスはそんなことをいったと思う?

 

それは、折角催眠から目覚めたのに

それを理解しない大衆に言えば、また元の所に引き戻されるからだ。

 

勿論、聖書の中にそんな解説はない。

それをなぜ、私がそう解釈したのかと問われれば。

私も、それと同様の場面に遭遇したことがあるからだ。

それはたまたま偶然なのだが・・・

 

またまた、話が変わる。

先日、年寄りの集まりがあって顔を出した。

セレブと言われるような錚々たる人々を診て来た亀仙人

彼らにとっては、若い頃一緒に遊んだ仲間の一人に過ぎない。

だから、私が歯石も無い、歯槽膿漏も無い綺麗な歯を保っている

秘訣を教えているのに。

「きっと、親から貰った体質が良いんだよ」

とのたまわった(爆)

 

biwanohaonkyu.hatenablog.com

 

何という横着。

どんな話も、自分の思考の外にあるものは受け付けない。

いや、決して彼らを非難しているわけじゃない。

只、人間とはそんなもの、殆どの人の反応はそうなのだろうと思う。

 

だから無用に苦しむ。

 

病気に成るにはちゃんとした理由がある。

貧困に陥るのもちゃんとした理由がある。

それを運が悪い様に言うのも横着なのだよ。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ↑ランキング参加してます。 どうぞぽちっとお願いします<(_ _)>