鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

多くの人が成功する前に挫折してしまう理由

一年ほど前から運動の為に『歩く』様にしている。
動機は、ダイエットと、年をとっても足腰を丈夫に保つ為。嘗てスポーツジムに通った事もあるが、あれは金が掛かるし、人間関係もあったりして面倒くさい。だから今回は気楽な散歩を選んだ。
よって最近は一時間ほど歩くことに苦痛を感じない。
所が、先般ちょっと妙なことに気が付く。

それは
お好み焼きを作ろうとして、いざ作ろうとしたらソースが無いことに気が付いた。それで、仕方なく近所のお店に歩いて行った所。たったの5分ほどの道のりが偉く遠く苦痛に感じたのだ。

平気で1時間を歩く様になった私が・・・・・・
その事がとても不思議で、なぜそう感じたのかを自分で検証してみた。

その結果分かったのは
目標をきっちりと定めるとシンドイのだ。
勿論、これは私が元々良い加減な性格であるかもしれない(笑)
しかし、思い返せば「5キロ痩せよう!」と目標を定めて頑張る時は、非常に辛くストレスを感じていたし、仮に目標を達しても、リバウンドをしたりして、元の木阿弥ということが嘗てあった。

そもそも、一年前からの散歩が続いているのは、その時間がなんとも想像を解放する楽しい時間だからだ。そして、知らない路地を探検する好奇心を満たす行為でもある。

著名人の本を読むと「先ずは目標を定めて」と書いてあるが、それとはちょっと違う。

むしろ、楽しみや快を横に置いて、その力に引っ張られて未来に向かう方が、最後は気付いた時に、素敵な場所に立っているような気がする。

そうそう、最近押し入れに眠っていたウクレレを練習し始めた。数年前に、始めたが教室に通うのが苦痛に成って止めていたのだ。しかし、只音が出ることだけに面白さを見い出すと、何だか前よりも楽しくて、今の所続いている。最後に宜しければ、ジェイク・シマブクロの演奏をどうぞ。「これがウクレレ!?」とビックリするだろう。

Jake Shimabukuro: "Grand Ukulele" | Musicians at Google

TEDxTokyo -ジェイク・シマブクロ - 05/15/10 - (日本語)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

↑ランキング参加してます。
どうぞぽちっとお願いします<(_ _)>