鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

ホントは言いたくない。鍼灸師が密かにやっている10歳若返るツボ療法

昨日『ホントは言いたくない鍼灸師のがんの予防の仕方、治し方』という記事を書いた。
biwanohaonkyu.hatenablog.com


多分だが・・・9割がたの人は
「バッカじゃないのぉ」
亀仙人を軽んじたに違いない(_ _;)

だから、本音では言いたくないのだが、もう人生の総決算の時期を迎えるからな。

良いんだよ。何を言われようと(笑)

でな。

今の人達の特徴は直ぐに答えを欲しがること。

だから「人生はわらしべ長者と言っても、藁からミカンに変わることにイライラする(爆)

だが直ぐに豪邸を欲しがってもね~

藁が、いきなり芦屋の豪邸に
成るわけがないだろ~!(-`ェ´-怒)

だから、がんには足の三里が良いと言っても、「そんなお灸で治るのなら医者なんていらないよ」と単純な反応をする。

その通り!

足の三里の灸だけで、恐らくがんは治らない。

だがな。お灸は科学的にも免疫力を高める効果が分かってきている。後、足の三里に関してはテロメアを伸ばす効果があると言われている。

テロメアとは、調べればすぐ分かるが、簡単にいえば命のカウンターのことだ。


NHKクローズアップ現代でやっていたので、一部引用させてもらう。

>>東京都健康長寿医療センター 研究所 相田順子副部長
テロメアが短くなってくると、染色体がどうしても不安定になってくるので、そうすると遺伝子の変異が起きやすいという状態になります。がんになりやすいというふうに考えられます。食道がんのほかに、口腔のがんすい臓がんですね、皮膚がんもそうです。」

さらに、テロメア認知症などとの関係についても、新たな事実が分かってきました。
2,000人の脳の画像とテロメアを分析したところ、テロメアが減って短くなった人ほど、脳が萎縮していたのです。
特に、記憶をつかさどる海馬の萎縮が顕著でした<<

このテロメアを伸ばす方法は幾つかある瞑想もそうだし、三里のお灸もそこに含まれる。

ただ、それでも完璧ではない。

あくまでも、これは方向性や考え方であって、がんを克服するには、もっと大きな視点で考えていく必要がある。

でも、ここに若返りのヒントがある。

じっちゃんもばっちゃんも、お姉ちゃんもお兄ちゃんも、何時までも若々しく元気だったら、少々金が無くてもいいだろ!

なっ(^^)v

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

↑ランキング参加してます。
どうぞぽちっとお願いします<(_ _)>