鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

本当は言いたくない、鍼灸師が成功者から聞いた貴重な話2

昨日、成功者達に教わった『間に合う』

について書いた。

間に合うとは、言い換えると

『運が良い』ということでもある。


あなたは間に合っているか?


今、これを読んでくれている以上

生きているのだから、大凡は間に合っている筈。

最初は、卵子と精子が結合する所から

数多いるライバルよりも

間に合ったからあなたは生命を得た。

そして、物心ついて数十年生き抜いたからには

大抵は間に合っていると言える。


所が、「自分は運が無い」と嘆く者

絶望するものが如何に多いか。


別に、説教をしようという訳ではない。

「運が悪い」と言いながら愚図愚図するのも

ある意味では人生にスパイスとなる(笑)

そしてそのまま、間に合わなくなって死んだら

来生も、またそうやって生きれば良いだけのこと。

やがて、悠久の時間の中で

愚痴を言っていた横着さに気が付くだろう。


所で、どうやら、この科学の進んだ現代でも

人間は宇宙のことを

全体の5%ほどしか知らないという。

また、脳科学の分野でも、その能力の5%程度しか

使われていないと科学者はいう。

恐らく、これは事実に違いない。

だから謙虚に成って冷静な頭で考えれば

実は、自分が何も知らない中で

生きていることが分かる。

www.oni9.net

意外に思うだろうが、多くの成功者達は

我々が想像するよりもずっと謙虚だ。

恐らく、彼らはそれを身に沁みて知っている。


あなたはの放つ矢は

既に十数メートル先の的に当たっている。

後もう少し、中心に当たると

恐らく、この世では成功者と言われる。

だが、中心を確実に捉える為には

矢を射続けるしかない。

それを楽しむ舞台が人生だといえないか。



ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓

日記・雑談ランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村