鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

ゴースト毛細血管が増えている!?認知症に成らない為に気を付けること

昨日のNHKスペシャル

『ゴースト毛細血管』をやっていた。

これは年齢に関わらず

生活習慣によって起きるというから

生活習慣病と言っていいだろう。


兎に角、体の末端に行っている毛細血管は細く

その中は、赤血球一つがようやく

通ることが出来るほどしかない。

これがゴースト化。つまり死滅してしまうと

その血管の先にある細胞にも必要な栄養が届かない。

ひいてはそれが

認知症脳梗塞腎臓病肝臓病などの

原因になりうる。

あっ、それと女性に大敵の皺やたるみもな。

とまあ、余りろくなことが無いわけだ。


一方、その改善法はと言うと

  • 過食しない事。
  • 充分な睡眠を取ること。
  • 湯船に浸かって身体を温めること。
  • スキップ20回程度の軽い運動を毎日継続する事。

だそうだ。


因みに、亀仙人が思うに

残念ながら現代の日本人の多くが

「気血の流れが悪くなってきている」

だからゴースト毛細血管というのは

その一部を切り取ったに過ぎないが

的を射ていると言える。


所で、改善する食べ物として

シナモン(桂皮)ルイボスティー

有効だと言うが・・・

番組では、1日3度20回のスキップ

二週間、モニターに合わせて行わせ

10人中8人が改善した!!!

と締めくくっていた。

メデタシ、メデタシ。


いやいや(苦笑)

亀仙人は、あの最後に改善しなかった

2人のモニターについて考えた。

8割の人間が、そのやり方で成功したのなら

医師達が考えた改善法は決して間違っていない。

しかし、2割の例外が生まれたのは何故だろうと?


あなたはどう思う?

もしも、あなたやあなたの大切な人が

2割の方に入っていたら

「しょうがないなぁ」では済まされまい。


現場に足を運べば分かるが

現代の日本で、後期高齢者となるとその大半は

認知症を発症していると思わざる得ない。

勿論、それ以前の人にも認知症は多くなっている。


いきなり何故こんなことを言うのかというと

「アルツハイマーを発症した人の脳では、ゴースト血管の影響で老廃物の排泄が出来なくなっていることが分かった」

と番組の中で医師が説明をしていたからだ。

因みに亀仙人は、今後の日本で最も問題に成るのが

認知症患者の爆発的な増加だと思っている。

最近も、高齢者ドライバーが

ブレーキとアクセルを間違えて

重大な事故を起こしているのが目に付く。


本当は、問題は複雑だ。

例えば、亀仙人はこうしてPCでキーボードに

手を置いているだけで、肘から先が冷える。

もう、7年は使っていて馴染んでいる筈だが

PCの発する電気的な刺激に

体がNOと言っているのだ。

恐らく毛細血管は収縮しているだろう。


その他にも、生活空間の中には

山ほどこの様な事例がある。

それを無視していては

有効とされる運動やシナモンを摂っても

効果が出にくい人が居るかもしれない。



まあ、いっぺんに全部は書けないので

気長に当ブログに付き合って欲しい。


では

あなたのゴースト毛細血管が
蘇ります様に!笑


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング