鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

本当は言いたくない、鍼灸師の坐骨神経痛の本当の原因&治し方

昨日、腰痛膝痛の原因について書いた。
www.oni9.net


断っておくが

あれは大きな要因の一つであって全てではない。

しかし、体に沁み込んだ深い暗示なので

なかなか解くのは簡単ではないだろう。

そして、間違った暗示

次の間違った暗示を生み出すから厄介だ。


例えば、俗に『ぎっくり腰』なら

亀仙人なら、ほぼ一発で回復させる。

それは、何故かというと

腰椎5番の歪みを修正し

尻の緊張を解せば済むからだ。

つまり、この時点で未だ暗示が複雑化していない。


所が、暗示が複雑化していると

腰椎5番の骨だけでなく腰椎4番の骨まで

歪みが生じてくる。

この状態を『坐骨神経痛』と言う。

そして足の方まで痺れや痛みなどの症状がでる。

ああ、勿論膝も含まれる。

ここまで来ていると一発という訳には行かない。


大抵の人は、整形外科接骨院などの

医療機関に通い続けることになるだろう。

しかし、治療によって軽くなることはあっても

完治するのは難しい。

何故なら

間違った暗示が複雑化されているからだ。


因みに、腰痛体操というのがある。

主に、腰周辺の筋肉を鍛える目的で行う。

あれは、本当は部分的に筋肉を鍛えるのではなく

身体全体を使って

運動療法をしているのだと考えられる。

よって積極的にすると良い。


いつも言っている様に

暗示を頭で処理するのは困難だが

行動によって修正するのはありだ。

だから、専門家に痛みを緩和して貰いつつ

自らが、間違った暗示の修正を運動によってすれば

困難だと思われた腰痛や膝痛の改善が出来る。


この時点で、今日書いた文章の

『暗示』の所に

『身体の癖』と入れ直してみて欲しい。


文章的には『身体の癖』でも読める筈だ。

しかし、そこを敢て『暗示』とした。

何故なら、癖の正体こそが暗示だからだ。


人生は時間に換算すると

それほど長くは無い。

その決して長くない時間を

間違った暗示のせいで

苦しむのは勿体ないと思うが・・・


まあ、しかし・・・

このブログに辿りつく縁。

そしてこのブログを読み続ける寛容さ

これが無ければ無理だな(笑)


ということで悲劇の演目が

好きな人達は引き続きそれを楽しめばいい。

だが、極楽は直ぐ横にあるんだ!!笑


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング