鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

老化防止と人間関係改善のヒントはエネルギーの流れにある

恐らく、気が付いている人もいるだろうが

このブログを書く際には

色々な人の視点を利用させてもらっている。

だから、ブクマでコメントを呉れる人には

本当に心から感謝している<(_ _)>

そのフィードバックのお陰で

次に何を書いたらいいのかが分かるからだ。


元より、人の歓心を買うつもりはないが

自分が体験し感じたことを

少しでも多くの人と共有し

後世に役立ててもらえば嬉しい。

そして、個人的には、これが息子に残す

金品より価値のある遺産だと思っている。


さて、昨日の話は、それぞれの反応を分けた。
www.oni9.net

大まかに三通り。

1、「いるいる。そんな奴ばかりだ」

2、「いるにはいるが、上手くやっている」

3、「わたしの周りには、そんな人は見当たりません」

3の人は素晴らしい。

余程、前世での行いが良かったか

今生で、陰徳を積んでいるに違いない。


だが、殆どの人が1か2だと思う。

亀仙人自身は、今は2で、昔は1と2の中間。

因みに若い頃。

10以上のアルバイトと正社員を経験したが

不思議といつもパターンは決まっていた。

激しくぶつかる人間が必ず一人。

特別に可愛がってくれる人が必ず一人。

他は、普通の仕事仲間であった。


よって今振り返れば「意外に幸せだったなぁ」と思う。

御蔭で、うつ病にもならず

その時代を過ごす事が出来た。

ただ、時代は変わった。

今は、個人個人に余裕が無いのかもしれない。

色々な人から話を聞く限り

人間関係が悪い方向に向かっている印象を受ける。


所で、話は変わるが

この世の事は大抵『物理によって説明が出来る』

と亀仙人と考えていて

人の病も、そういった観方をしている。


少し例外はあるが

大抵は、若いと病気を余りしないが

年を取ると病気をし易くなる。

その原因については

専門家が集まれば様々な意見があるだろう。


しかし、亀仙人はそれを

単純に『老化』と考える。

人間を含めどんな生き物も

時間と共に老化して行くのは避けられない。

そして老化と共に病は増える。


では、『老化』とは何時から始まるのか?


これについては「成長期が終わってから」

という説が有力だ。

よって人間なら、18才~20才以降ということになる。

これについて異論はない。

ただ、亀仙人はこの線引を物理として観る。


つまり、老化とは。

エネルギーの流れが

外界⇒身体

から

身体⇒外界

に変わった時から始まる。


別の言い方をすると

外からエネルギーが入ってきて

身体の密度が高まる時期が成長期。

一方、内側のエネルギーが外部に向かって流れ

身体の密度が下がって行くのを『老化』という。


この事は骨が一番イメージし易い。

成長期は骨が段々密度を増して大きくなって行く。

老齢期は骨の密度が段々下がって行き

骨粗鬆症という現象が現れる。


それって、カルシウムが足りないのか?


嫌、エネルギーの流れと考えた方が合理的だ。
www.oni9.net


最初の話から随分と逸れた(苦笑)

『人間関係はエネルギーの質量による』

と前に書いた理由を別の角度から説明したかった。


仙人道も、遊びではあるが

決してふざけている訳じゃない。

老化を「仕方ない」と手をこまねいているより

このエネルギー流れを多くの人が認識して

コントロールしたら面白いと思っている。


ということで


仙人に成って老化も
人間関係の悩みも吹き飛ばせ!!^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング