鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

感知する力が大切でないかい

昨日、猫型ロボット・・・(笑)

じゃなくて人間のロボット化に付いて書いた。
www.oni9.net


人間の身体を動かしているのは

ロボットには無い心。

その心を亡くしてしまっているのなら

人間の性能は最新のロボットに劣る。

普通に考えれば、劣っているものが

優れているものの上位に居るのは不自然だ。

だから、我々は人間らしさとは何か?と

もう一度考え直すギリギリの所に来ている。


さて、ロボット化して体が錆び始めている者は

故障の際は「部品を交換すればいいんだ!」と考える。

悪くない。大いにやったらいい。

その際は、出来ればドラマの『ドクターX』のような

失敗しない医者を見つけることだ(笑)


一方、仙人を目指す者は

1の命を如何に高めるかを考える。

よって心を放ち感知する力を引き出したい。

24時間気は流れているか?

思考が邪魔をしていないか?


もう少し前の段階では


寝室の方位はどこか?

電気の配線の位置がどこにあるか?

シャンプーやせっけんは何を使っているか?

何を好んで食べているか?


などなど

物理的な障害を取り除く。

そうすれば病気は治さずとも消えていく。


まあ、感知する力があれば

この短い文章を読んだだけで

「あっ」と気付くのだが・・・(苦笑)

この爺の危機感は

一部の人しか分からないだろうねぇ。


興味のある人は個人的に聞いてな。

おおっぴらに書くと、どこかに迷惑も掛かるし

必要とする人だけが知ればいいことだからね。


ということで


今日もハッピーにな^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング