鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

0円ハウスを買ってはいけない理由

この世の法則は

先ず、観えないエネルギーの流れがあって

それが、時間を置いて目に観える現象となって現れる

昨日書いた『0円ハウス』も同じ
www.oni9.net


勿論、身近な所でも

この現象は起きている。

例えば亀仙には兄がいるが、結婚していない。

まあ、それ自体は良いとか悪いという事ではないが

伴侶も居ないし、子供も居ないので

身内と言えるのは、親と兄弟のみ。

ただし、もう親は介護が必要な年になったので

そこを頼ることは出来ない。

よって、これから先、何かあれば兄弟だけが頼り。


だが、その兄弟はそれぞれが忙しくしている。

住んでいる場所も遠い。

よって『フウテンの寅さん』ならば

気が向けば帰る家もあるが

兄にはそんな場所は無い。

さて、一体これからどうする気だろう?

つくづく心配をしている。


話は、0円ハウスに戻る。


0円ハウスはやがて

「お金上げるから住んでね」ハウスに変わる。

だから、0円で住んだ人は

暫くすると「ちくしょう」と後悔する筈だ(笑)

お金を貰えたからということではない。

それより、『粗』になる土地は

益々、人が離散し

これから自治体を維持するのが難しくなる。

当然、公共料金は眼の玉が飛び出すほど値上がりする。
(或いはサービスが無くなる)

店もない。

交通機関もない。

だが税金は高い。

よって『タダほど高いものは無い』と

身に沁みて感じるからだ。


まあ、そこまでどん底に行けば

流石に「もう一度、大事なものを取り戻そう」

とゼロから再構築が始まる可能性もあるが

お得だけを求めて来た者は

失意のまま都会に帰ることになる。


さて、その都会も

土地の粗は未だ観えてこないが

人間の粗は観え始めている。

都会は住むには金が掛かる故。

孤立していれば、食うだけで精一杯。

何でも金を払えば買えるには買えるが

それは裏返せば金が無ければ

何も出来ないことを意味する。


だから亀仙は

「協力しよう」と言うが

半端な気持ちで言っているのではない。

それは、このままでは

行く先が観えているからだ。


エネルギーの流れが観えると便利だ。

ハザードマップ等いらなくなる。

皆は災害も偶然と考えるが

そんな事は無い。

あくまでもエネルギーの問題だ。


ということで


あなたの得意はなんだ?


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング

0円ハウスいりませんか?

昨夜、たまたまテレビを付けたら

『0円ハウス』という番組をやっていた。

現代は、日本全国『粗』に向かっているので

どこもかしこも家族が少なく

よって空き家が増えるばかり。


空き家を維持するのは大変で

手間も掛かればお金も掛かる。

出来れば売ってしまいたいが

田舎故、買い手は付かない。

仕方ないので、「0円でも良いから譲りたい」

というわけだ。


面白いことに、(仕込みの可能性もあるが)

見学に訪れた人は一様に

「買えない」「検討させて下さい」ばかりで

その場で「買います」という人はいない。

やはり、タダであっても家を持てば

様々な負担が掛かるということを知っているからだ。


そして、この現象は益々加速する。

因みに、都心でも最近は空き地が増えた。

ただ、都心で0円ハウスが発生するのは

もう少し先になるだろう。

そういう時代に我々は生きている。


『協力』とは粗の流れを密に変える

という意味でもある。

密に成ると仕事の効率が上がる。

人が増える。

活性化する。


時にボランティアは必要かもしれないが

対象が弱いままなら

根本の問題解決にはならない。


ということで


別荘が欲しいなら0円ハウスがいい(笑)


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング