鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

ギャンブルで絶対に負けない方法ってあるんだろうか?

昨日書いた。

『四季報プロ厳選500銘柄春爛漫日本株』

会社四季報プロ500 2018年春号 [雑誌]

会社四季報プロ500 2018年春号 [雑誌]

は全て読んで

机の隅に置いておいたところ。

息子が「それ、面白そうだね」と興味を示したので

さっさと、あげてしまった。


全く知らなかったのは『全個体電池』

これは携帯電話モバイル機器などに使われた

リチウム電池に代わる次世代の電池だとか。

液体材料を使うリチウム電池に比べ

個体材料を使う為に発火事故が起きづらいのが特徴。

又、電池容量がリチウム電池に比べ格段に多いので

EV(電気自動車)にも使われるという。


まあ、皆は興味ないな(笑)

亀仙人は、「株は好きか嫌いか」と聞かれれば

「どちらかというと好き」と答える。

だが、その割には

どうしても夢中にはなれないので

だから、あのジェイコム君やウルフ村田氏のように

株で億万長者に成ることはない。


ただ、結果が数字として出るので分かり易い。

株式投資は結果が全てだ。

よって悪い暗示に掛かっていれば損をする。

また、うがった見方をすれば

人を悪い暗示にかけて

自分は得をしたいという者も居るかもしれない。

だから、ネギを背負って行ってはならない。

あっ、「鴨に成るな!」という意味だ(笑)


因みに、尋ねる。

こういう本を読むときに何を読む?

「好業績銘柄」「外国人買い銘柄」「高配当銘柄」

「少額投資銘柄」「株主優待銘柄」「新興・中小型銘柄」

「世界好景気」「脱デフレ」「イベント」「大化け銘柄」

これらは上記の本の中の項目だが・・・


実は正解は無い。

分かっているのは

その情報を読んでいるのは大勢だし

それを先に知っている人達が居るということ。

だから、「人よりも良い情報を早く仕入れて投資する」

という発想だと素人は勝つのが難しい。

それは「悪い暗示」だと思うが・・・


ちょっと、話はずれるが

ギャンブルで絶対に負けない方法

ってこの世にあるだろうか?

「ギャンブルに手を出さない事!」

という優等生の答えはなしだ(笑)


恐らく、ない。

あったら、どうか教えて欲しい。


ただ・・・

資金が無限にあれば話は別だ。

勝つまで、倍々で掛ければ良い。

一番シンプルな長半博打で(よく時代劇で出てくる)

10回連続で半が出ることは無い。

あれば、それはイカサマだ。


よって、一文掛けて負けたら

次は、同じ半に2文掛ける

それでも負ければ次は4文掛ける

されに負ければ8文掛ける

と、大体床下でイカサマをやって居なければ

そろそろ半が出る筈だ(笑)

これなら絶対に負けるわけがない。


しかし、ことはそう単純ではない。

人にはがあるからだ。

どうしても

「借金を直ぐに返したい」

「豪邸を建てたい!」

「いい女と遊びたい」

と妄想が膨らんで、よせばいいのに

大金を一か八かに掛けてしまいたくなる。


それに、安全だと思った賭場に

いきなり、遠山の金さんが踏みこんで来て

「お上を恐れぬ極悪人!」とか何とか言って

掛け金全部没収ということも起こる。

だから、やはりギャンブルに絶対はない。


なんの話だったか・・・


そうそう、「鴨に成るな」という話だ(笑)

丁度、一昨日だったか

日経新聞に「投資信託好調」という記事があった。

つまり、今の若い世代は

将来の年金の心配があるから

投資に積極的なのだそうだ。

だから投資信託にお金が集まる。


株式投資は、ギャンブルとは違う。

ただ、ギャンブル的な側面があるのは事実だろう。

だから時々背中に手を回してな。

自分がネギを背負っていないか確かめるんだ。

若者よ、ファイト!!
ああっ、鴨南そば思い出した。笑


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング