鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

古女房の腰に鍼を打ってみた

連日、古女房ネタで恐縮だが・・・

クライアントの事は書けないので

その代わりということでご容赦願いたい。


昨日の血圧140は殆ど問題ないのだが
www.oni9.net


今回、全体の状態は段々と良くなっているわりに

腰のある一点の圧痛が取れなかった事が

ずっと気に成っていた。

それは、一週間ずっと変わることなく居座り続ける。


それで、一昨日奥の手の鍼を使った。

その鍼の効果は抜群で

昨日の朝、当人が「全く今朝は違った」

とニッコリとして報告して来たのだが・・・

昨夜触るとまだ圧痛は残っていた。


それで、駄目押しで再度鍼を打つ。


比較的細い針。

刺入の深さ大凡4㎝。

鍼の響きを確認し、暫くそのまま保持。

すると・・・

「痛ーーーーーーい!」

突然、古女房が叫んだ。

亀仙「おっ、どうした?」

古女房は直ぐに答えず身を捩る。

仕方ないので、鍼を一旦抜いて落ち着かせた。

「今、腸がグルッって動いたの・・・」

どうやら本当に痛いのではなく

鍼のいつもの感覚とは違い

腸が生き物のように動いたのでビックリしたらしい。

こっちは、そんな事もあると思っているが

当人にすれば初めての体験で慌てたようだ。


そう言えば、何日か前に

「朝起きたら気持ち悪くて食欲が無い」

と言っていたのを思い出す。

単なる腰の不調と思っていたが

腸の働きも関係していたのかもしれない。


さて、腰痛の治療としては

昨夜で9割方成功しているのだが・・・


今回、あちこち観察して

もう一か所、何故か消えない圧痛があり

これもついでに治したい。

ここは、循環器系への影響が

考えられるポイントなので

解消すれば、血圧も変化するかもしれない。

ということで


今日も天気が良い。
ハッピーに行こう!^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング