鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

気功をすると人生が変わる?

気功というものに出会ったのは

今から約30年ほど前になる。

そのきっかけは、只々好奇心であった。


「気というものは果たして存在するのか?」


疑問は、やがて確信に変わり

それを仕事に活かすことで

更に、確信を深める。

そして亀仙にとって気功をする事が

ライフワークとなった。


気功をやってきた御蔭は色々あるが

もっとも、良かった事が二つある。

一つは、家族の健康を守ることが出来たということ。

特に子供が小さい頃に

生死を分ける出来ごとあったが

それを救い出すことが出来た。

この一件だけでも充分に報われている。


次に、ストレスを溜めこまなくなったことがある。

怒りは今でも時々湧くが

それを身体にシコリとして残さずに

吸収し、それを自分の糧にしている。


まるでスライムのように

時には飛んできた鉄の玉をスルリと避け

ぶつかれば包んで溶かしてしまう。


ああ、まるでマクロファージのようだ(笑)


あれはバイ菌と闘っているとも言えるが

やってきた異物を取りこんで

相手の情報を頂戴してしまう。


これ身体に秘められた力のお陰。

もしも、理性の力でやっていたら

恐らく、今頃はストレスで

廃人になっていただろう。

それは自分の親父を観ていてそう思う。


それで最近『愉快』がいい。

と言った。

これは気が通る感覚を元にしている。


気が太く勢いよく流れていれば

交通事故に遭っても、怪我の程度はまるで違う。

これは、知らない人は不思議に思うが

元々、身体には衝突を回避し

対象と調和する能力が備わっている。


だが一方で

「では、不愉快な事は全て止めた方がいいのか?」


という思いが当然起こる。

亀仙は、実践派なので

「やってみれば良い」と思う。

只、予言するが

場所や状況が変わっても

「あなたの身体レベルの結果が現れる」筈だ。


どうせ生きている以上

不愉快な事は向こうからやってくる。

それをシコリとして残すのか

愉快に流し吸収するのかで

未来は全く違ったものとなる様に思う。


ということで


益々、愉快に行きたい^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング