鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

金持ちの友人から教わった金儲けの本当のコツ2

昨日、清濁併せ呑む(清濁合わせ飲む)と

書いた所、様々な反応があった。
www.oni9.net


いつも思うがブログは直ぐに反応が得られるのが良い。

それは自分の思いと、読み手がどう感じるか

その差を理解するのに役立つ。

だから、ブクマを下さった方々には

心より感謝したい<(_ _)>


さて、昨日書いた友人は長い付き合いだが

亀仙とは真反対の性格であった。

こちらは「宇宙の原理とは何か?」に興味があり

向こうは「豊かさとは何か?」に興味がある。

そして、こちらはお金に無頓着で

向こうは、お金を集める術に長けている。

清濁併せ呑むは、その付き合いの中で学んだことだ。


勿論、「良いから真似ましょ」と思っても

そう簡単に真似出来ることではない(笑)

だから、先ずは家庭の中から始めた。

例えば、古女房の物の言い方が気に入らなくても

「まあ、しょうがない。でも、優しい時は優しいから」

「苦労を掛けているのに、いつも笑顔で居るから」

等など、良い面を思うと大抵の怒りは消える。

そうしている内に、以前よりもずっと

家庭の雰囲気が良くなった。

で、結果的に我が家のお金は増えた(笑)


でもね。

大抵のことは許せるけど

古女房が「お金が足りなくて万引きしちゃった」

っていったら、怒るし

ひっぱたいてでも止めさせる。

だから、みそもくそも一緒じゃない。←表現が下品でスマン。

大抵の事は大したことじゃない。

だから許して、相手の良い面を認め伸ばす。

でも、越えてはならない一線は守る。

彼に教わったのはそういうことだったと思う。


一方、彼からすると

豊かさ(お金)から入ってしまった故に

苦しかったのだろう。

その呪縛が常に付きまとっていた。


心優しき人は、その点は矛盾が少ない。

だから、協力した方が良い。

協力しただけでも、周囲は変わる。

お金も増える。たぶん(笑)

そして、その金を良きものに投じれば良い。

因みに、清濁併せ呑むと言っても

ドロドロの奴を呑まなくていいのだよ(爆)

先ずは家族から

だから、先日より言っている。
www.oni9.net


ということで

清濁併せ呑むのは出来る範囲でな^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング