鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

縁を感じた人だけに読んで欲しい。

前回、前々回と登場した友人だが
www.oni9.net
www.oni9.net

これほど善悪のハッキリしている人間は他に居ない。

まるで、彼の中に2人の別人が存在するのかと錯覚する。

だからか、彼を知る別の友人は

「この世で誰よりも恐ろしい人」と呟いた。

又、他の人は「彼は誰よりも優しい」という。

一方、亀仙は彼と居るとホッとする所があった。


それは、互に幼少期に

この世の不条理を経験し

通じるものがあったからだと思う。

だが亀仙が、彼の闇の部分を受け入れることが出来たのは

そういう経緯を知っている事もあったが

彼が、それでも善を意識して

もがき続けているのを観ていたからだ。

いっそのこと悪に徹すれば楽だったであろうに。


いつも言っているが

亀仙は業が深い。

だから、普段は成るべくそれを人に見せないようにしている。

知れば、皆去って行く(苦笑)

だが、彼とは素のままの自分で居られた。

何故なら隠すことなど何もない。

互に、悪人だから(笑)


要注意なのは、笑顔で「お・も・て・な・し」

と言っているような、一見優しげな人だ。

彼らは、驚くほど平気で手の平を返す。


彼は何処でも採用されない癖のある若者を

採用しては、社長に育て上げた。

純正品ではない、ちょっと変わった人間が好きなのだ。

ああ、亀仙もその中の一人に違いない(笑)


「たった一つでも良い所があれば良いんだよ」


それが彼の口癖。

世間では「何でも出来ないと一人前じゃない」

という風潮があるが・・・

完璧を求めて過ぎると、本当の笑顔が消える。

天使は何処に居る?

それは笑顔の多い所に違いない。


ということで


一つでも良い所があれば合格だよ^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング